COMMON GROUND

先日、土をピックアップしに遠出したついでに、
American Museum of Ceramic Artで開催中の展示を見てきました。
(ついでという距離でもないぐらい、粘土屋さんとは離れているのですが。笑)

昨年秋から”PACIFIC STANDARD TIME”というタイトルのもと、
LA近郊の色んな美術館で、
1945年から1980年までの地元LAの作家の
絵画、彫刻、写真、建築、商業デザインなどのさまざまな作品を展示していて、
この陶芸美術館での展示もそのひとつでした。

Harrison Mcintoshの作品も、このコーナー以外にもたくさん。

モダンなポットたち。

愛嬌のある動物たちの作品。

色もデザインもとても美しいボトル。

壁のタイルも個性的でかっこいい。

モダンなうつわばかりかと思っていたら、
ハンドビルディングでつくられた豪快なものや、
金彩を施した繊細なものもあったり、
テーブルウェアだけでなく、照明スタンドやタイル、オブジェなどもあり、
なかなか楽しめました。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おもしろいですね~。
    ポットの取っ手が変わってていいですね。
    そして、かっこいい椅子が気になる…。
  2. SECRET: 0
    PASS:
    Potter-Yさん、
    このポット、持ち上げるとどんな感じなのか、
    持ち上げてみたいなと思いました。
    椅子もそうだけどこの時代のプロダクトはかっこいいものが
    多いですよね。
  3. SECRET: 0
    PASS:
    目の保養になります。
    様々な作品がある中でも写真の動物の素材が気になります!
    Ceramic Artということ陶磁器として制作されているのでしょうか?
  4. SECRET: 0
    PASS:
    kazbizenさん、
    すっかりご無沙汰してしまいお返事遅くなり申し訳ありません。
    動物も粘土でできていましたよー。
    愛嬌があってかわいらしいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。