窯の手入れ




ガス窯の掃除をするときは、陶器を入れる窯の部分をぜんぶおろして、
この、炎のでるノズル周りをきれいにします。
ちいさな穴にもすすが入るので、
掃除機で吸ってからちいさなブラシでひと穴ひと穴をそうじ。
窯のほうの炎があたる面(底の裏側)も、かなりすすだらけになるので、
掃除機で吸い取ります。
(掃除機は部屋で使っているものではなくて作業用のもので)
すすだらけのままファイアリングすると、
ファイアリング中に、エアミキサーというパーツ(写真左下の部分)から
炎があがってしまいます。
窯を使いはじめのころ、ただでさえおそるおそるやっているところに、
さらに変なところから炎が上がるのがこわくてメーカーに問い合わせたところ、
すすだらけのままファイアリングするとそういうことが起きます、
と言われて以来、
必ず毎回そうじと動作チェックをしてファイアリングしています。
電気窯も100%安全、というわけではないけど、
ガス窯は炎をあつかうというのが、最初の頃から、今でも変わらず緊張します。

それにしても連休の週は短いな。
もう金曜日。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。