Ralph Bacerra

数週間前のことになりますが、以前にも載せた、
サンタモニカのBergamot Stationへ行ってきました。

Bergamot Stationはこんなかんじの長屋のような建物で、並んで
色んなギャラリーが入っています。

以前訪れたのは昨年の春だったので、かなり久しぶりだったのですが、
今回は、その中のFrank Lloyd Galleryで開催されている
Ralph Bacerraという作家のうつわの展示を見てきました。
もう亡くなられた方ですが、彼はここ地元ロサンゼルスで生まれ育って
活動していた作家とのこと。
展示されていた作品たちはこんなかんじ。

高台だとかいろんなところの装飾に、日本をはじめアジアの影響が見られます。

緻密な絵も描くけど、ダイナミックな模様も。

愛嬌のある鳥たちが掘られた蓋もの。
この大皿の雰囲気とても好きでした〜。
幾何学模様のなかに鳥が。


日本からの影響も確かに感じられるけど、それだけじゃなくって、
色んな文化や伝統がミックスしてるような。。。
つくった人が見たもの触れたもの体験したもの、色んなことが、
その作家の個性というフィルターを通して表現される面白さ、
当たり前のことなのですが、そういう面白さを改めて感じた展示でした。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    蓋もの、面白いですね~。
    ちょうどこの前エッシャーの作品集を見ていて、
    こういう感じで作品にできないか考えてました。
  2. SECRET: 0
    PASS:
    Potter-Yさん、
    モチーフもパターンみたいにして入っているとまた新鮮ですよね。
    Potter-Yさんバージョンもぜひ見てみたいです〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です