葉っぱの中の小さな世界

先日久しぶりにtortoiseへ。
tortoiseはベニスビーチ近くで日本人オーナーさんがなさっている、
日本の素敵な道具や作品の数々が置いてある楽しいお店。
時々訪れるのですが、このお店に、これまた繊細な作品、
古賀充さんという作家さんの、葉っぱや石の作品が置いてあります。

(写真はtortoiseのHPから引用させていただきました)

古賀充さんをすでにご存知の方もいらっしゃることと思いますが、
Leaf Cutoutsというシリーズは、小さな枯れ葉に、
小さな鳥や木々などが切り絵のようにカットされています。
ほんもののちいさな葉っぱを使っていて、
壊さないように、図を完成させるだけでも大変だろうに、
そこにかわいらしい世界をつくりだしていて素晴らしい。
こちらのページから、他の図柄も見ることが出来ます。
古賀充さんの、小石の作品も素敵なのです。
葉っぱも石も、自然のものを生かしているからなのか、
繊細なんだけれど、ほのぼのしてあたたかい作品だな、と思います。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おーっ、これはすごいですね~。
    細かい作業は嫌いじゃないけどこれは大変そう。
  2. SECRET: 0
    PASS:
    そうですよね、大変そう。。。
    葉っぱは5-6センチぐらいのものだったと思いますが、
    枯れ葉なだけに、カットするときに余計なとこまで
    ポロっといっちゃったりしてイライラしそうです(笑)。
  3. SECRET: 0
    PASS:
    北米のそちら側とこちら側ですが・・陶芸歴も同じくらい。でもとっても素敵な作品なのでコメント入れさせていただきました。
    型紙を作って素焼き前の生地に水張り・・・かな~っと思って拝見しています。また色々とご指導くださいね・・よろしくお願いいたします。リンクいただいてよろしいですか?
  4. SECRET: 0
    PASS:
    mousseinmtlさん、
    初めまして!コメントありがとうございます。
    北米の中でもこちら西海岸とは対極のところにお住まいなんですね〜。
    こちらこそどうぞよろしくお願いします。

    おっしゃられている通り、模様カット→水張り→スリップ→素焼き
    の作品なのです。失敗しては試行錯誤の日々、まだまだ知識も経験も
    浅いのですが、色々トライしながら楽しくマイペースでやっていきたいな、
    と思っています。

    こちらもリンクさせていただきますね!
  5. SECRET: 0
    PASS:
    eripotteryさん  mousseinmさん
    世界は・・せまいですねぇ~~!
    また新しい交流が生まれて・・嬉しいです

    やきものも・・住んでる場所を色濃く反映するものです
    同じ日本の陶芸のつもりでも・・空気が写るんじゃないかと・・
    それがとても・・良い刺激にも・・ヒントにもなります

    みんなで仲良く・・やりましょう
    ねぇ~~ Potterさん!!
  6. SECRET: 0
    PASS:
    touseigamaさん、
    遠くに離れていながら、色んなところにお住まいのかたたちとの交流、
    私もありがたく嬉しく思っています。
    そういう交流のなかのいろいろが、自分の作品に色々反映されていくのも
    とても楽しみだな〜と思っています。
    これからもよろしくおねがいしまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です