土のこと




電気窯で中ぐらいの温度で焼成する作品でよく使っているのが、
Laguna ClayのFrostという土。
ポーセリンなので、焼きあがるときれいな白だけど、
今まで使ってきたどの土よりも扱いにくて難しい。
クセのある土だけど、電気窯で焼いているものでは一番長く、良く使っているかも。
長く使ってる割には、ここでこんなことが起きるのか、、、という不測のトラブルが、
使ってる土の中では一番多いのが悩み。
他の土なら簡単にろくろでひけるものもこの土だとうまくいかなかったり、
ちょっと乾いてきてしまったところを水をふくんだスポンジでふいたとたん
パキーっと派手に亀裂が入ったり、、、。ポーセリンは難しいのぅ。
他の粘土ってなんてスムーズなんだ、とつくづく思います。
でもできあがりの色は気に入っていて、
これの代わりで使いたいものがなかなかみつからない。
気むずかしいこの人といつか仲良くなれるよう日々奮闘中です。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

粘土のピックアップ






粘土がそろそろなくなりそうになってきて
次のアートショウまでなんとかこのままでいくか、
思い切って買いに行くかどうしようか、、、。
往復2時間、渋滞があるとさらにかかるので忙しい時期には考えてしまうのですが、
やはり思い切って粘土を買うことにしLaguna Clayへ。



南カリフォルニアには(というかカリフォルニア全体で、かも)
大きく2つのクレイカンパニーがあり
今回行ったLaguna Clayはそのひとつ。そしてもうひとつはAardvark Clay
州内で陶芸をしている人や教室はだいたいどちらかの土を使っており、
わたしも2社両方の粘土を使いわけています。
Lagunaは自宅から車で片道1時間前後で、Aardvarkも20-30分。
陶芸作家のなかには、片道2-3時間かけて土を買いに行くという人もいるので、
土を買う環境としては恵まれているほうかなと思います。



思い切って行っちゃってよかったな。
これでまた心おきなくモリモリつくれます。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ