ワシントン・ベルビューへの旅 4、5、6日目 Bellevue Art Museum Arts Fair


ワシントン・ベルビューへの旅 1日目・2日目
ワシントン・ベルビューへの旅 2日目・3日目   





いよいよショウが始まりました。
このショウは今年で3年目。
スタートはなかなか順調でしたが、この辺りでは珍しいほど暑い週末でお客さんが少なめな時間帯も。



3日間とも街中みんなこんなモードだったと思う


ですが今年もありがたいことに、 たくさんの方たちがブースに立ち寄ってくださいました。





昨年、甥のウェディングギフトにと作品を購入してくださったお客さま。
わたしの方から厳重に梱包して作品をご親戚のお家にお送りしたものの
輸送途中で破損してしまい、大事なウェディングに間に合わず
急いで作品を作り直してお送りした、ということがありました。
そのお客さまがまた再びブースにお立ち寄りくださり、
今度は姪のウェディングで、とまた作品をお買い求めくださいました。
昨年トラブルがあったのにもかかわらず、
またギフトにと作品を選んでくださり、とても感激しました。



また、同じ昨年、たくさんの作品をまとめて買ってくださったお客さまに
うっかり一つだけ作品を袋に入れ忘れてしまい、すぐに気がつき
夫が会場を探し回ってその作品をお渡しすることができた、ということもありました。
ショウの後、お詫びのメールをしたところ、
他州に引っ越すので来年は行かれないかも、、、とのお返事だったのですが
今もお近くにお住まいのようで、嬉しいことに今年もブースに来てくださいました。
とは言えトラブルはやはり許されるものではないので
いっそう気を引き締めて行かないと、、、なのですが、
ふたたびブースに足を運んでいただけて、本当にありがたく思います。



そして、なんと、テキサスに住んでいるはずのKさんとDさんがブースに。
今年のお正月に木曽で5年ぶりに再会したKさんご夫婦が、
ワシントン、オレゴンの旅行の途中にサプライズで立ち寄ってくださったのでした。
思いも寄らない土地でアートショウに遊びに来てくれかなり感激。
木曽の次はいつどこで会えるだろうと思っていましたが、
まさかこんなに早くこんなところで会えるとは!
そのKさんが登場した直後、サンディエゴの陶芸作家の知り合いも。
彼女は出展しておらず、近くに来ていたのでこのショウに寄ってみた、とのことでしたが、
この方も、ここでお会いするなんて驚き!な一人でした。



初めて参加した一昨年は、一人で飛行機で来て勝手もよくわからず一人でセットアップをして
(途中から作品の入ったスーツケースを運んで夫も来てくれましたが)
しかも知り合いの作家がほとんどいない、、、と
色々と戸惑うことも多く心細かったこともあって、
その時ブースに来てくださりお話ししたお客さまたちには
一方的に勝手な(?)思い入れがあるのですが、
その時の方たちもまた再び遊びに来てくださり、嬉しい時間を過ごすことができました。



今回は、
少しずつかたちになってきたランプ、





それから、ずっと作ろうと思いながら作っては失敗して何年か越しで
やっとかたちになったケーキスタンドも持っていくことができました。
(単純にお皿が苦手、、、)
少し前に作っていたお皿はこのケーキスタンドのものでした。





そのほか大きい花瓶やお皿もいつもよりも多く持っていくことができ、
まだまだいろいろ課題はあるものの、
今の段階でできることをやりきってのぞめた展示になったかなと思っています。
遠路はるばる、、、でしたが、
飛行機じゃなくて車でがんばって来てみた甲斐があったなと思えるショウでした。



つづく。。。




ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

ワシントン・ベルビューへの旅 2日目・3日目

 
 
2日目。
どこまでがカリフォルニアだったのか、州境もよくわからないまま
オレゴンに突入。
州境あたりでの山越えのフリーウェイも気持ちの良い景色でした。
 
オレゴンに入るとさらに緑が多く青々とした風景が続き、
のどかな景色に囲まれたフリーウェイをひたすら走り、
日が落ちる前に目的の場所に到着できました。
 
 
この日の宿は、Airbnbでレンタルした個人のお家。
 
 
貸切状態でのレンタルだったのですが、お家の中ではインコが待ってました。
 
 
ここまで丸2日のドライブ。
夫と運転交代しながらということもあったし、
従姉妹とも話が尽きないし、初めての景色に退屈もしなかったし、で
まだまだ数日このままいけそう、とすら思ったほど順調に来れました。
 
翌日3日目は朝早めの7時ごろ出発して
目的のアートショウの会場ワシントン州ベルビューへ。
ポートランドの街を抜けてオレゴン州からワシントン州に入り
しばらくしてまた大きな山が。
どーんとしたレーニア山を脇に見ながらひたすらベルビューに向かいます。
 
お昼過ぎに到着し、着いた!やった!完走!という余韻に浸る間もほとんどないまま、
ブースのセットアップ。
昨年までのレンタルの什器と違い、
自前のディスプレイは色々と手間がかかってしまいますが、
従姉妹と夫の協力を得て、無事にブースも完成。
移動にしても、セットアップにしても、
一人だけではできないことをやらせてもらえるのも
このような助けがあってのことだなとつくづく感謝です。
それにしても涼しいのを期待して北上して来たのに
ロサンゼルスと気候が変わらず。。。
肉体労働にはなかなか厳しい蒸し暑さだったなー。
 
つづく。。。
 

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ