9月はじまり




9月がはじまりました。
アメリカでコロナの影響が出てからもうすぐ半年。
この半年の間の変化で、長年こちらに住んでいた友人から、
そろそろ帰国を考えている、という話もちらほらと聞こえてきます。
さびしいな、、、と思うけど、
自分も、今のところそういう予定がなくても、
何がきっかけでどう転機を迎えるかは本当にわからない。
こういう世の中だと、思いもよらないきっかけが転機に、ということが
これからますます増えていくのかもね。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

この状況に思う






秋のショウも今日、正式にキャンセルになって、
一年間ショウをしないというはじめての年。
こうなってくるともう来年だってどうなるかわからないけれど。
今年はつくることや考えることに重心のある年、
それはそれでよかったかも。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

知らないうちに






アマゾンで買いものをしたら、Welcome to Amazon Prime!というメールがきて、
プライム会員になったつもりもないのに、知らないうちにトライアルがスタート。
注文手続きのあいだに、知らずに入会してしまったのかも。
アメリカのプライムは年間119ドルなのでちょっとうっかりしたくないプライスなのに、
注意深くみないと入会してしまうトリッキーなしくみで誘導するのが恐ろしい、、、。
(アマゾンに限らずよくあるけどね)
トライアルは解除をすればすむのでオッケーだとして、
それよりも、トライアル終了の1ヶ月後が9/8で、「9月」という文字に、
秋ももはやすぐそこという感じをひしひしと感じたのでありました。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

アーティストのサポート




アメリカのアート&クラフト界では、
パンデミック宣言直後も経済面をサポートする支援プログラムがたくさんありましたが、
再ロックダウンに近い状態に戻ってきてしまった最近も、
そのような情報が再びいろいろとシェアされています。
その主催者は、プライベートの団体だったり、自治体だったり。
この”アート”という定義には、美術だけではなく、音楽やダンス、映像業界、演劇など、
あらゆるジャンルの芸術を含んでいます。
長引くこの状況の中、
生活に必要とみなされるビジネスとは対極にあるアート・クラフトが
置き去りにされることなくサポートされることは本当に素晴らしいし、
さまざまなジャンルのアーティストのための経済的なサポートの間口が広いのは、
さすがアメリカと感じます。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ