Wax




ワックス。
日本では撥水剤にあたるものだと思いますが、
釉薬などをかける前に、釉薬がかかってほしくないところに塗っておくと
はじいてくれる、というもの。
写真のボトルのラベルには、Wax Resistという文字も見えますが、
絵や模様をワックスで描いておき、上から釉薬をかけると、
ワックスで描いた部分が絵として残る、という使いかたをする場合もあり、
その技法はWax Resist(ワックスリジスト)と呼ばれています。
わたしの場合、模様は紙をカットして使っているので(ペーパーリジスト)、
その部分にはワックスは使わないけれど、
それ以外の部分にワックスを多用していた時期がありました。
素焼きのあとだけではなく、
乾燥前の状態で、スリップがかかってほしくない場所(底とか口もととか)にも。
でもいつだったか、ある時から、
ワックスを使うかわりに、スリップをスポンジでふき取ることにしてしまったので、
出番はほとんどなくなってしまいました。
だいたいそういうことになるのは、
タイミングわるく買い足した直後とかだったりする、、、。
そんなわけでほとんど使ってないボトルが2つもあるけれど、
やり方は時間とともにいろいろと変わったりするので、
またそのうち何かで出番があることもあるのかもしれません。

いよいよ猛暑の週末がやってきます。日本も台風が近づいているとか。
くれぐれも災害に気をつけて良い週末を!

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。