San Diegoのアートウォーク

先週末は、San Diegoでのアートウォークに出展しました。

リトルイタリーと呼ばれるエリアの、
いくつかのストリートにまたがって開催されたアートイベント、
向こうに海も見えます。

お天気にもめぐまれ、暑すぎず寒くもないちょうどいい気候の週末に、
ともかく、びっくりするほどの人の数!!

サンディエゴでショウをするのはこれが初めてで、すごく楽しめました。
通常ブースの場所は主催者から前もって割り当てられるケースが多いですが、
このイベントは、ブースのロケーションを選ぶ順番がまわってきて
自分で事前に選ぶというシステムになっていて、
この周辺にまったく土地勘のない私は仕方なくテキトーに選ぶしかなく、
着いてみたら案の定、大丈夫なのかここは?というかんじの
さみしそうな雰囲気のロケーションで一抹の不安がありましたが、
始まってしまえばそんな心配はどこへやらといったかんじで、
ほんとうにたくさんの方たちがブースに足を運んでくださいました。
友達も遊びにきてくれたり、
あなたの作品をギフトでもらったことがあるという人や、
LAのショウで見たことあるといってくださった方たちもいて
嬉しかったです。

そして思っていた以上に多くの作品が旅立ってしまい、
(もちろんとても嬉しいことです!)
2週連続でつづく5月の2つのショウまで3週間しか残されていない今の期間、
注文の品々を含む制作途中の作品に平行して、
出来る限りのことをしようと毎日せっせと準備中です。

これはおまけの写真。ブースの前の、ちょっと離れたところにいた子たち。
癒されました。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

9件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こちらもやっと暖かくなりました。
    フットワークも軽くなってきた感じがします。
    せっせと。。おたがいがんばってつくりましょう!
  2. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    日本でも陶器市というお祭りが開催されていました。
    私もいつかどこかでアートショウに参加してみたいです☆

    ところで、作品の模様ってどうやって思いつくんですか??
    とても細かい模様ですし、1つ1つ違うじゃないですか・・・
    私にはとても細かくて気が遠くなるような作業だと想像します。

    デザインや装飾に悩む今日この頃です(笑)

    お体に気を付けて過ごして下さい(*^ー^*)
  3. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。昨年の夏、IrvineのStudio Arts Festivalで、お茶碗を2つ購入させて頂いた物です。冬のアートフェスにもいらっしゃるかなと思って見に行ったのですが、お会い出来ず残念でした。今年も6月1日にアーバインでアートフェスがあるのですが、参加されますか?お茶碗とっても気に入って、お友達が来た時に良くお出ししています。いつも「素敵な器ね」と言われるんですよ。また、直接見て購入したいなと思っています。
  4. SECRET: 0
    PASS:
    mousseinmtlさん、こんにちは。
    トロントに戻られたのですね。
    おかえりなさい〜(とまったく違う土地のわたしが言うのも。。。ですが)。
    mousseinmtlさんもこれからショウのシーズンが始まるんですね。
    お互い頑張りましょう!
  5. SECRET: 0
    PASS:
    kaoriさん、こんにちは。
    日本の陶器市、わたしも見てみたいな〜。

    模様、自分でカットしていくのは大変だから機械をつかって
    レーザーカットしたほうがいいよ、と助言してくださる方も
    時々いらっしゃるのですが、たとえ要領が悪く時間がかかったとしても、
    やはりうつわのかたちや大きさ、雰囲気を考えて
    一個一個ハンドカットのものを使っていくところは譲りたくないなあと
    今のところは思っています。
    時には、貼ってみて気に入らないと模様を作り直して貼り直し
    ということもありますよ。
    模様も初期の頃とはまたかたちもレイアウトも変わってきていて、
    意識してやっていることではないけれど徐々に変わっていくところがまた、
    人の手作りということなのかなと思ったりしています。

    装飾は楽しいけれど難しいところもありますよね。
    どうやってデザインを考えているのか考えてみると
    自分でもよくわからずうまくは説明できないんですが、
    好きなものをいろいろ見たりして、私だったらこうしてみたいな〜とか
    こうしてみたら面白いかな?とか考えたりしてるのかもしれません。

    お互いがんばりましょうね。
  6. SECRET: 0
    PASS:
    鍵さま、コメントありがとうございます。
    昨年ご購入いただいた時のこと覚えております。ありがとうございました。
    そして気に入ってお使いくださってるとのこと、とても嬉しく思います。
    6月のIrvineは、参加する予定ではないのです。。。ごめんなさい。
    OCではしばらくショウの予定はなく、同じカップは今は手元にないのですが、
    この週末、Beverly Hillsでショウをやります。
    ちょっと遠いですが、色んな作品を直接見ていただけるかと思いますので、
    もしご興味がありましたらお知らせください。

    お近くですし、もしご希望であれば、直接注文していただくことも
    できますので、いつでもinfo@eripottery.comにメールくださいませ。
    今後ともどうぞよろしくお願いします!
  7. SECRET: 0
    PASS:
    ご丁寧に有り難うございます☆

    やはり手作りだから模様のカットもフリーハンドが良いと思います。
    自分のこだわりの部分が作品の個性に繋がると思うので今のまま
    素敵なまま益々向上して欲しいと思っています。

    スリップは流し掛けよりコンプレッサーで吹きかけが良いでしょうか?
    壺とか大皿になると素焼き前のものに流しがけはリスクが大きいですか?

    >好きなものをいろいろ見たりして、私だったらこうしてみたいな〜とか
    こうしてみたら面白いかな?とか考えたりしてるのかもしれません。

    私も同じです!(笑)
    今の私は色々考えすぎてやりたいことがまとまらないのかもしれません。日々精進ですね。
  8. SECRET: 0
    PASS:
    kaoriさん、

    流しがけはほとんどしたことがないのでよくわからないんですよね。。。
    ごめんなさい。
    ご存知かもしれませんが、
    桃青窯さん、橋本忍さんのブログはとても勉強になります。
    (右にリンクがあります)
    私もいつもお二人のブログからいろいろと教えていただいています。
  9. SECRET: 0
    PASS:
    eripottery様

    気にならさらないで下さい。
    先人に聞くのが一番!と思ってお聞きしました。
    また宜しくお願いします☆

    御二方のブログ、参考にさせてもらっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。