作品づくりは手順づくり




写真は乾燥中のうつわ。
乾燥していくまでの間や乾燥後に模様のクリーニングをしていきます。

そのタイミングも、いろんな失敗や試行錯誤をして変えていったもので、
作品づくりは、手順づくりだなとつくづく思います。

今、いろいろとテストをしていますが、
ちょっとちがう条件になっただけで、
乾燥時間や、作業のいろんなタイミングがかわるので、
今までの勝手とちがい、
ほんのちょっとで終わるはずの工程にかなり時間をとられたり、
時間がかかりすぎて乾燥がすすみすぎたり、そこに霧吹きなどしてもイマイチだったり、
そして仕上がりはぜんぜんイマイチ、、、と
なかなか予想通りにいかず青ざめる毎日です。

時間がかかったわりには仕上がりもびっくりするほどきたなく(笑)、
このやり方は無しだな、というのがわかった、というのが収穫だった、
というのを繰り返してます。
ひとまずはそうやっていろんな方法をつぶしていくしかないけれど。

でも思いかえしてみると、写真のようなうつわをつくる時も、
最初はいろいろと試行錯誤して今のやり方に落ち着いたんだった。
だから作品づくりは手順をつくっていくことだなと感じます。
でも一つ色が変わればいろんなタイミングがちがってくるし、
ずっとやってきた工程でも時にはアップデートしたり。

手順もまたどんどんカスタマイズされて、作品とともに育っていく、、、
そんなイメージです。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。