電動なのに手動


ちょっとしたところの角ばったところをまるめたり、
せまい(ほそい)ところをやすりたい、、、
とはいえ先端が丸いやすりなんてないし。
しかたないから紙やすりをどうにか折って無理やり使うか、、、と、
長いことそうしてきたのですが、
これ便利!





先日ふと、なんかいい方法ないかな、と旦那さんにダメもとで相談してみたら、
ドレメルのアタッチメントを使ってみたら?と。
しかもどこからか何かの道具の、木の柄を持ってきたと思ったらスッと差し込んで、
これこそ欲しかった!という道具にしてくれました。



知ってると思いますが、ドレメルってこんな道具
写真はドレメルのホームページよりお借りしました


ドレメルはデリケートな場所には振動がこわくて使えないな、、、と思いこんでいたけど、
手動なら手かげんもできるのがいい。
電動用のアタッチメントを手動で使うって斬新だけどなかなか便利!
とても助かりました。それが上の写真の右側のもの。

ちなみに、木の柄。
もともとあった先の部分は、柄をはずして別のことに使っているらしい。
わたしも時々やっていることなのですが、
柄が長すぎてじゃまという場合は、
先端のパーツを柄からはずして、先端の部分だけで使ったりしています。
(つけたりはずしたりではなく、それ専用の道具にしてはずしっぱなし)

ちょっとしたことで道具が使いやすくなるとうれしい。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です