蓋と胴




久しぶりのジャー。
フタは本体にのせて焼くこともあれば、フタと胴はバラバラに焼くことも。
今まではだんぜんのせて一体で焼くことが多かったけど、
一長一短ある気がして最近はいろいろ。
何にしろフタが胴にピシッとはまると嬉しい。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。