第二の人生




道具が古くなってくると、頭が取れやすくなってきてしまうことがあります。
直すこともあれば、そのまま第二の人生を歩んでもらう道具も。
上は、第二の人生を歩んでいる道具たち。
柄のついてない頭の部分のパーツだけを持って使います。
せまかったりこまかかったり、
普通の道具では届きにくい細かいところは、上のような先端の部分だけの道具が大活躍。
先端だけの道具も便利だし、ドレメルのアタッチメントだけを手動で使うのも便利。
下は以前に書いた、ドレメルのアタッチメントの記事。
そう、先端だけじゃなくって、柄のほうもあらたな出会いがあるとあたらしい道具になる。




ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。