気がつけば最後




リングホルダーなど蓋つきの作品をいくつか作っている最中、
さて次の袋、と思って、粘土の箱を見たらぜんぜんちがう土。
あると思っていたポーセリンは、もうその袋が最後だった、ということに、
最後の数百グラムで気がつきました。
その数百グラムで、フタと胴をぜんぶ対にできるのか、胴ができずにフタだけ残ったりしないのか
ヒヤヒヤものだったけど、ちょうどぴったりなんとかなりました。
(こういうときに限って1ピースで完結しないものをつくっていたりする)
つくっていたのが小さめのもので助かった、、、。

あわてて注文したけど、久しぶりに注文したら値上がりしていました。
以前に比べたらじわじわとだいぶ高くなったな、材料。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。