椅子のはなし




最近聞いたはなし。
自宅勤務という人が増えて、カイロプラクターが結構いそがしいんだそう。
家の家具が長時間の在宅勤務に合わず、
体を痛めてカイロプラクティックにお世話になる人が
増えているからだとか。
そして、座りごこちのいい椅子が売れているらしい、、、。
ハーマンミラーとかかな?
コロナがきっかけでの、風が吹けば桶屋が儲かる的な話、あちこちで聞きますね。

コロナになってから買ったものではないけれど、
ロクロ専用のスツールは、5-6年ぐらい前に買いました。
それまではろくろ用ではない椅子を使っていて、ちょっと体には負担だったかも。
これはろくろの姿勢に合わせて傾斜がつけられるし、
思いきって変えてよかったなと思ったもののひとつです。
(せこい話ですが、もし傾斜椅子を買っても使わなくなったら
座ることあるのかな?どうするの?などと思っていたこともあって、
汎用性のある椅子でどうにかしていたのでした。)

作業効率、健康、などなど結局いろいろと支障が出てしまう可能性もあるから、
長く座るものは、思い切って自分に合ったものにしておくのが一番なのかも。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。