時代を感じる




先日、他のジャンルの先輩と話していた時に、
昔の作品の写真はスライドにして保管しているので、
それをデジタルデータにしたい、という相談を受けました。
探してみると、スライドからデジタル画像にしてくれる業者もあるし、
自分でできるツールもあるよう。
そういえば昔、学生時代に美術史を学んでいた頃は、
確かにスクリーンに映されたスライド写真の美術品を見ながら授業を受けたな、
教授もたくさんスライド持ち歩いていて、、、なんてことを思い出しました。
時代だね。
子どもがKindleに飽きたっていうから紙の本を買ってあげた、
という、最近聞いた友人の話にも時代の流れを感じたけど。
デザインの仕事だって今やみんなPCだもんね。
社会人になりたての頃は、
写植屋さんに出力してもらったものをカッターで切り貼りして
版下をつくったりしていた世代です。なつかしい。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。