扱いにくかった土






一番よく使っているこのポーセリン系の土は
わたしとは相性がよくなかったのか、扱いにくくて苦手でした。
ろくろでの成形もどの土よりもしにくかったし、乾燥もうまくいかずヒビもよく入り、
成功率がかなりひくかった。
でも、cone5-6という焼成レンジの土の中では好きな質感の土のひとつだったので、
失敗が多くてもどうにか無理して使ってきました。
とにかく多くつくった中から数を確保するかんじ。
だから効率は泣きたくなるほど本当によくなかったのでした。
使い出してからは4-5年ぐらいになると思うけれど、
ここ最近になってぐんと失敗率が下がりました。
わたしにもうすこし学習能力があったらもっと早くわかりあえたかも?
時間がかかりすぎたけど、悲しい目にあってもしつこくつきあってきた甲斐があったのか
何年も気の合わなかった友達と最近仲良くなった、みたいなかんじかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。