プーアール茶

中国人の知り合いがお土産にくれた、雲南プーアール茶。
昨年もらったものなのですが、時々大事に楽しんでいます。

こんなパッケージに包まれた、大きな円盤形のお茶。
大きさの比較のために、ふつうのティーパックと並べてみました。
(アディダスのようなマークがでかでかと入ってますね)

開けてみるとこんなかんじ。
この大きな固まりを、ナイフなどでゴリゴリと削って使います。

削った茶葉。

一度お湯を注いで茶葉を洗い、そしてまたお湯を注ぎます。

これは、プーアール茶のなかでも、
若い葉っぱをより集めた新鮮なもの、とのこと。
だからなのか、葉っぱもきれいに開くし、色も明るくてきれい。
もっと濃厚な茶色のプーアール茶も好きですが。

同じ茶葉にお湯を足し何度も楽しめるらしいので
(お茶の本には10回ぐらい大丈夫とありましたが本当かな。。。)、
朝入れた日は、一日中お湯を足して楽しんでいます。

日本でも中華街で買い求め時々楽しんでいましたが、
独特の濃厚な感じが好きで、中華料理に限らず、
いろんな料理やお菓子と一緒に頂いています。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ほんとだ・・・アディダスです~^^
    私もプーアール茶、好きです。
    でも、こんな風に優雅には飲めていません、ジャバジャバ飲んでおります^^;
    お茶って、体内をキレイにしてくれる気がします♪
  2. SECRET: 0
    PASS:
    usupinさん、
    プーアール茶、美味しいですよね!
    自分でガシガシ茶葉を削って飲むと、ティーパックとかとは違って
    大事に飲まなきゃってかんじがしちゃいます。
    あの濃厚な感じのせいで、モリモリ食べてもプーアール茶が
    なんとかしてくれそう〜、という気持ちになり
    かえって食べ過ぎたりしてしまいます。ダメですね(笑)。
  3. SECRET: 0
    PASS:
    まさにアディダスじゃないですか。(笑)
    最近飲んでませんが、
    プーアール茶もおいしいですね~。
  4. SECRET: 0
    PASS:
    Potter-Yさん、
    アディダスは月桂樹がモチーフみたいだけれど、
    このマークは何なんでしょうねぇ。
    プーアール茶、とくにこの季節はああいう濃厚なお茶が
    あったまるな〜ってかんじですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です