スラブローラーでオーバルプレート




スラブローラー(たたら機)で板をつくって、オーバルプレートの切り出し。
石こうのボードの上に並べておいて、少しかたくなってからふちの作業を。

ところで。
テストピースが焼きあがってきて、
今までの中で、はじめてめざすものに近い感じにあがってきました。
同じ材料のパーセンテージだけを変えていってみて、
ある程度の数をつくってみてやっと法則性のようなものに気がついたり。
たとえば、配合がかわるにつれてこのあたりからヒビが出にくく安定している
とかそんなことなのですが、
要領の悪いことに、
たぶんこのあたりなんじゃないかな?と最初に見当をつけていた配合が、
実は目指すところからぜんぜん遠いものだったので
たどりつくのに時間がかかりました。
完璧に、これで!というわけではまだなく、
いくつかの候補をもう少しくりかえしてみないといけないのですが。
でもまぁこの遠回りのおかげで、
次からは少し見当がつけやすくなったのはよかった。

それでこのあとどうする?というのをまた考えていますが、
今日は何を考えてもなんだかあんまり考えがまとまらない日だったということも手伝って、
テストピースを前にボヤーっとしている時間が長い一日でした、、、。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です