シンプルなものこそ





先日サンフランシスコで行ったオープンスタジオで購入した、先生の作品。
ドットのパターンのさわやかなブルーのお皿。
つかいやすい大きさで、毎日使っています。





ドットの深さが、
釉薬をかけて焼いた時にお皿がフラットになるようになっていて(うつわの表面がボコボコしてない)
そして浅いところ深いところがあったりせず、均一。
さりげなくそうなってるけど、じつはぜんぜん簡単なことではないと思います。


こうしたディティールへの気くばりが、うつわのうつくしさを左右しているんだな、、、と思います。
シンプルなうつわこそ特に。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。