クレイショップの色見本


粘土を買いにいくと、お店には粘土の色見本があります。
といっても、この写真↓の会社は、
前もってオーダーしておいて、お店に取りに行った時にはじめてこの色見本が見れるので、
見本が直接見れる時にはもう注文してしまってる、、、というもどかしいことに。
一応、オーダーをその場で変更することもできるので、
やっぱりこれも追加で!これやめます!などと変更できるのが救いだけれど。



左上の2つが粘土の見本


あともう一つ致命的なのは、みんな手で触るので、
見本ピースがどれもうす汚なくて、正しい色がわかりにくい。
ほどよくグレイッシュでなかなか良さそうな色、と期待しても、
あら?意外と明るい色だった、とかね。
もう、なんのための見本なの、、、という見本です。

最近また、ちょっとあたらしい土をためしてみたいと思ったりもしているのですが悩む。
ちょっとためしたいけど、一回たのむといっぱいくるのです、2バッグ(22〜23キロぐらい)。
数百グラムあれば十分なのに。
すこし興味があっても、
食材みたいに奥さま同士で気軽にわけっこしたりとかできないところがつらいところ、、、。
おいしいかわからないものを一か八かCostcoで大量買いして、一人で食べる、みたいな感じ?
運よく好きな味だといいけどね。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。