ガス窯・ファイアリング




ガス窯の日は早起きしてファイアリングをスタートします。
1775というのは℃ではなく°Fの数字で、リダクションがはじまってすこしたったころ。
(摂氏だと1000℃手前ぐらいみたい)
スタートの時も終わりの時も空が暗くて、日が短くなってきたのをひしひしと感じます。
と言っても考えてみたらもう10月だしね。
朝晩暗いこの雰囲気、ホリデーシーズン近づいてるなぁという気分になってきます。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

2件のコメント

  1. ガスの炎が上に出るタイプなんですかね…素焼きの時と同じ窯ですか?

    写真の上の方の黒いのは換気扇ですか?

    私も今月RF焼成なので、ドキドキ冷や冷やです、台風が今年は多いので
    台風と重ならない事を日々祈ってます(笑)

    RF焼成の時って、朝早くから夜遅くまで長いですよね・・・ご自愛下さい☆
    1. Kaoruさん、ありがとうございます。
      ガス窯、炎は上に出るタイプです。
      素焼きは電気窯でやっていますが、
      電気もガスもこのドラム缶みたいなかたちのタイプの窯を使ってます。
      写真の上のくろいのは換気用のフードです。

      Kaoruさんの焼成もうまくいきますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。