やっぱりね

ファイアリング中、温度が700Fか800Fになったあたりで、
どこかから変な音がしたような?まさか窯からのわけないよね、とは思っていたけど、
まさかこの音だったとは。。。
そろそろリダクション(還元)というときに、
一番上にあったこの大皿がすでに真っ二つになっているのが見えてしまいました。
でももう窯を開けられないのでそのまま焼成。
実はこのお皿は焼き直しのピースでしたが大きすぎるので一番上に入れざるを得ず、
ゆっくり温度をあげたつもりが、それでもちょっと速すぎた模様。。。
冷めてからふたをあけるときにはわかってたのでショックも大きくはなかった、けど、
ここまでやっと来たのにと思うとやっぱりくやしいなぁ。焼き直し前のおしい状態を
一度見てただけに、、、(泣)。



ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。