はじめのきっかけ

8月ももう6日。早いです。。。

こちらは、初めて模様を使って作ったなつかしの作品です。


きっかけは、2008年のあたまに1学期だけ取った、カレッジでの陶芸クラスの
カリキュラムでした。
カレッジは、普段通っている工房とは違い、シリンダー何本、お皿何枚。。。と
課題のようなシステムで授業が進められます。
勉強にはなりますが、人によっては、あまり自由ではないのでつまらない、と
感じる場所かもしれません。
そのなかにあったテーマの一つが、ペーパーレジストでした。
新聞や広告の写真の、人物や動物を切り取って貼りつけてスリップして、
そしてグレーズをかけなさい、というのが課題だったのですが、
人物や動物を使うことに、あまり面白いイメージが浮かばなかったのと、
模様を切って貼ったらキレイかな?と思い、トライしたのがこの作品たちです。
(グリーンのお皿は、Oribeというグレーズですが、日本で言う織部と
まったく同じかどうかはわかりません。。。)

そしてしばらくの間、この手法はまったく使っていなかったのですが、
1年後ぐらいに、ふと、模様もテクスチャも精度を上げて、
もう少し掘り下げてみたい、と思い、試行錯誤がスタートしました。

ずっと通い慣れている環境とは違った場所や、
違った人たちとのコミュニケーションが、あらたな表現を模索するきっかけを
与えてくれたように思います。
またいろいろ飛び出していけたらいいな、と思います。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

8件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    マットな色合いで、北欧のアンティークっぽい器ですね。
    好きです

    違う環境に自ら飛び込む事も、時には必要なんですね~。
    なんか、色々考えちゃう・・
  2. SECRET: 0
    PASS:
    あの素適な模様はこれがきっかけだったのですね。
    うーん、納得。  たまには飛び出すことも必要ですね。
  3. SECRET: 0
    PASS:
    何年も前に試したものが何かのきっかけで形になったり、
    別のアイディアと結びついたりするのが面白いですよね。
  4. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!
    環境を変える、少し離れて寝かす!? 本当に何がきっかけORヒントになるかわかりません^^
    何事も経験、無駄は無いのだと思います。常にチャレンジと好奇心を持ち続けたいですね~
  5. SECRET: 0
    PASS:
    aimonsさん、
    後ろの白いほうはマットなのですが、手前のグリーンは
    光沢でピカっとしたかんじなのです。
    このとき他にも何枚かやったのですが、釉薬をのせすぎたせいか、
    模様がまったく見えずただの無地のお皿、なんてものも。。。

    aimonsさんの、陶芸と書道の世界の融合もこれから益々楽しみですね!
  6. SECRET: 0
    PASS:
    Blog_Mayaさん、
    旅先や自然のものに感動して。。。というような
    ロマンのあるきっかけではなく、実に地味な出会いでした(笑)。
    他人の作業や本などで見たことのある手法でも、
    自分がいざやってみて、はじめて自分なりの模索や発見が
    生まれるんだなーとあたりまえのことを知るきっかけでもありました。
  7. SECRET: 0
    PASS:
    Potter-Yさん、
    何年も前に試したものが何かのきっかけで形になったり、
    別のアイディアと結びついたり。。。とはまさに、
    たくさんのひきだしを持っていらっしゃるPotter-Yさんこそ、
    きっとそういうことの繰り返し、そして積み重ねを
    なさっているのだろうなーと思います。
    これからも色々勉強させてください!
  8. SECRET: 0
    PASS:
    usupinさん、
    おっしゃるとおり、どこに制作のヒントが転がっているか
    わかりませんよね。
    まわりの環境かもしれないし、過去の自分のアウトプットかも
    しれないし。。。
    常にチャレンジと好奇心を持ち続けたい、本当にその通りですネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。