ありがちな会話から




大晦日にお蕎麦を食べながら、年末年始にありがちでベタな質問を
旦那さんに投げかけてみました、来年一年を漢字一文字であらわすと、という。
この時期きっとみんなこんな質問してみたりしてるよな〜と
真面目な答えなど期待もせずに。
昨年からちょっと転機をむかえつつある夫から返ってきたのは
なんとまじめに”躍”(冗談のつもりだったのかも、、、ですが)。
そこでわたしはなんだろうと考えてみて出てきたのが”展”。
あたらしく何かを、というよりは、
今までつづけてきたことを展開したり、発展させたりできたらいいなと思って。



そしてその翌日だったか翌々日だったか、こういうものを見つけて一人で何気なくやってみました。
おみくじを引くと、今年一年をあらわすかもしれない漢字一文字がでてくるよ、というもの。
そしたらでてきたのが”続”。
おおー!なんとなく、”展”の世界に近いかも。
”続”けていくからこその”展”。というのがしっくりきたのがおもしろかったので、
夫にもやってみてもらったところ、”挑”の文字が。
なにこれ!これも”躍”に近いかんじ。
単なる偶然ですが、自分でかんがえた一文字と、おみくじででてきた一文字で、
今年のめざすイメージがよりはっきりした感じがしておもしろかったな。
自分で考えず、おみくじにゆだねて一年をイメージするのもおもしろいかも。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら下のリンクをクリックしてくださるとうれしいです。
陶芸ブログ
美術ブログ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。